たかの森ブログ

2017年2月15日 水曜日

院長ブログ | 野球少年のひじ痛

みなさんこんにちは、
院長のイトーですヽ(^o^)丿

 
今回は野球少年(13歳)のひじ痛です。

昨年の秋ぐらいから、
右ひじの内側に痛みがあり、
整形外科に通院し、
痛みが落ち着いたので、
いつものように練習をしていたら
再発。

そして、たかの森に来院、

肘まわり、
ひじから先の前腕は張りが強く、
パンパン。

典型的な内側上顆炎と判断。

ひじから上の上腕部も固さが強いので、
気になり、肩関節の可動域もチェックしてみると、
可動域が小さい&関節が固い。

今回のひじ痛も出るべくして出たといえるでしょう。

施術:まずはES-530の高電圧と
   3D MENSで電療。

   次に手技でひじから先の前腕部を中心にほぐす。
  
   ひじ関節と手関節(手首)指を伸ばしたまま、
   マッサージ。
 
   ある程度、緩んだら肩・ひじ・手首・指の関節を
   動かして、関節包に刺激を入れます。

   真皮・筋膜・関節包を刺激するのは、
   血流を改善して緊張した真皮・筋膜を
   緩めるためです。

   血流が改善すると細胞に酸素が行き渡っていくので、
   痛みも和らぎ、緊張も緩みます。

   伸展・屈曲・回内・回外・内旋・外旋・橈屈・尺屈
   (呪文じゃありません)

   3回の施術で症状が、落ちついてきているが、
   真皮・筋膜・関節包はまだまだ
   緩めることが可能なので、
   通院を勧める。

考察
  アスリートの方は練習や筋トレを一生懸命するのは
  大いに結構なのですが、ストレッチも重要です。

  ここ最近、この手のトラブルが増えてきているので(当院調べ)
  熱く語っています(施術中、施術後)

  練習時間にストレッチができなかったなら、
  自宅でやりましょう。
  面倒クサがらずに。

  自分の体なんだから。

  地道なメンテナンス無くして、
  栄光なし。
           院長イトー



では、また次回('◇')ゞ


  
  

  



投稿者 たかの森接骨院

カレンダー

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
クレジットバナー
アクセス


大きな地図で見る
■住所
〒356-0045
埼玉県ふじみ野市鶴ケ岡4丁目1-34
コーポクレイン1F

■最寄駅
上福岡駅

ホームページを見たとお伝えください 049-262-7030

お問い合わせ 詳しくはこちら
MOBILESITE 携帯電話・スマートフォンでも当院の情報が確認できます。bookmarkで手軽に確認♪