たかの森ブログ

2016年4月28日 木曜日

院長ブログ | 娘あやのとバビロンの大富豪

こんにちは、院長のイトーですhappy01paper

昨日は久しぶりに家族会議を開催してみました。
うーん、会議というか、
お金についての勉強を
少しずつでも進めようか
と思いとうとう
『バビロンの大富豪』を
娘・あやのvirgoにも聞いてもらおうと
用意しましたbook

バビロンの大富豪とは・・・
一番参考になったと評される
レビューを引っ張ってきましたhappy02

アマゾンのレビューから引用しますと

引用ここからーーーーーーーーーーーーーーーー

バビロンを舞台にした
財産・幸福に関する昔話集。

こんなに古い時代の逸話が
今でも十分に通じる
ということに驚きます。

我々は老人の知恵を「古い」といって
退けますが、本文中の例え
「老人の知恵は動かぬ星のようなもの」
の言葉通り、
老人の知恵は不滅のものであるということを
思い知らされます。

本書に出てくる紀元前の
老人の知恵がまだ十分に
通用するのです。

本書には奴隷がよく登場します。
バビロンの時代は「自分」を担保に
借金ができ、返済できないと
奴隷にされたそうです。
「現代は奴隷制度がないから。。」
というのは簡単ですが、
よく考えると今でも「自分」を担保に
ある程度の借金が可能で、
返済できないと奴隷のように働くことが
ありえます。

この本で「奴隷」を資本家に対する
「労働者・サラリーマン」と考えると
現代と重なる部分が多いと思うのです。
 
今は「給料天引き」のような
制度もありますから、
早く「自由人」になれそうなのですが、
お金を使う誘惑も多く
「奴隷」のままでいる人が
多いのではないでしょうか?
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
引用ここまで

お金や色々なものごとに対して、
娘・あやのに読んでほしい本の
1冊なのです。

私がはなすのもありなのですが、
どうも話ベタなので、
プロの方に語ってもらい
とことどころで止めて
私が解説するとcatface

あやのは興味津々で
ジーっと聞いていましたが、
やはり1時間くらい聞いていると
飽きてしまうんですね。
当然ながら。

また、一つ目の話に入る前に
プロローグ的なはなしも
結構長いので、
どこまで持つかな~
と思っていましたが
1時間聞いてもらえましたね。

これ、トータルで6時間オーバーの
物語でオムニバス形式
だからまだいいですが、
正直、長いですcatface
とっても
おもしろいですがgood

アニメとか映画になったら
売れると思うんだけどな~flair

レビューにもありましたが、
古代バビロンでも
現代でも
原則は不変なんだなと
つくづく感じています。

ひとつ目のエピソードは

いくらまじめに働いていても
なんで俺らはこんなに貧しいんだ?
という疑問を持った男二人が、
バビロン王国で一番の
大金持ちのアルカドに
どうやったらお金持ちになるか
教えてもらおうという話です。

実はこのアルカドも
若いころはとても
貧しかったんです。

でも、粘土板彫りの仕事を
していた時に
アルガミシュという金貸しに
金持ちになる秘訣を
教えてもらい
それを実行していったら
ここまでの大金持ちに
なったんだという話なのですが、
途中、途中にアルガミシュが出す
課題を乗り越えたり、
知恵がないばかりに
人にだまされたり、
失敗はしているんですね。

失敗をしつつそれを
教訓にして

お金を作ること

お金を守ること

お金を増やすことを
していった時に
アルガミシュから
共同経営者にならないかと
誘われるんですね。

ただ単に運が良かったんでしょ?

と思うかもしれないが
その運は日頃の行ないで
呼び込めるということを
言ってるんですね。

アルカドは
アルガミシュの言うことを
途中で失敗はするが
あきらめないで、
財産を貯めていたおかげで、
その行ないを見ていた
アルガミシュが
共同経営者にと
誘ったんですね~。

というお話です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
ところどころで止めて

イトー「あやのこれ分かる?」
あやの「ううーん、わかんないsmile

イトー「うーんとね、
   大昔は紙が無かったのね。
   だから、粘土に文字を彫刻刀(?)
   で彫って文字を書いていたんだね」

あやの「ふーん」

イトー「それとね、運がいいって言うじゃない?」
あやの「うん」

イトー「運がいい人っていうのは、
   運を呼び込む準備を
   日頃からしているんだよ」
あやの「ふーん」

イトー「あやのだって、
   普段からドラゼミで勉強とか、
   宿題をちゃんとやってるよね?」
あやの「やってるよ、楽しいしwink

イトー「そう、だからテストでいい点を
   とったり、成績表でいい評価を
   もらったりできるんだよね」

あやの「そっか~catface

イトー「これって運がいいねって
   言うのかな?」

あやの「うーん、ちょっと違う
   気がする」

イトー「そうだよね、運がいいとか
   悪いとかじゃないよね」

あやの「ふんふん」

イトー「あと、原則ってわかる?」

あやの「わかんない」

イトー「だよね。
   例えばこのノートを持ってみて」

あやの「はい」ノートを手で持っています。

イトー「放してみて」

あやの「はい」 テーブルに落ちるノート

イトー「これって何だろうね?」
  「手を放したらノートは落ちたよね」

あやの「うん」

イトー「これって、昔だったら落ちないで
   中に浮いていたかな?」

あやの「ううん、落ちていたと思う」

イトー「だよね。じゃあ、
   日本だからノートは落ちたのかな?
   アメリカだったらノートは浮いていたかな?」
あやの「浮かないと思うcoldsweats01

イトー「そう、これが原則ってヤツです。
   今も、昔も変わらない。
   国や地域も関係ないんだよ。
   これが原則」

イトー「それと因果応報って言葉が
   あるんだけど、聞いたことある?」

あやの「いんがおーほー? うーん、(・・?」

イトー「良い行いをすれば、
   良い結果が出るし、
   悪いことをすれば、
   悪い結果が出るということ」

あやの「ふーんcatface

イトー「今日はこの辺にしておくけど、
   この先のお話はこの
   "因果応報"って感じのお話が
   出てきます」

前回のブログにも書いたように
少しでも早く、
イトーの掲げた
お駄賃のシステムを
活かしたのです。

なぜ、わたしがここまで
このお駄賃の仕組みを
活かしたいのかを
語っちゃいます(笑)

前回のブログのあらすじ
ーーーーーーーーーーーーーーーー
最近、娘のあやのが
お家のことを手伝うようになって
お駄賃を渡していたのですが、
お皿洗い・・・30円
 ・
 ・
 ・
だけ

それを聞いて、私は
「お皿や、洗い物の量に関係なく
30円なの?」と
カミさんに聞きました。

カミさん「そうだよ」

その料金システムに
「異議あり」と唱えました。

「お皿の量や汚れの質に関係なく
一律料金だと、やがてやる気をなくして
適当な仕事をやり出しますよ」

「そして、適当な仕事をしても
お駄賃はもらえると思い
手を抜きはじめますよ」

「なので、
お駄賃を払うなら、
システムを変えて
払うべきだと思いますconfident

例えば
『洗った物を置くかごいっぱいだったら、
100円とか?』

それと、
洗い物の時間を短く、
洗い残しがない、
しかも量も多い・・・100円

単純にね。

そして、なにより
家事とはいえ、
働くってどういうこと?
労働って何だろうということを
教えていきたいのです。

自分の時間を削って
お手伝いをして
人に喜んでもらって
その対価として
お金を頂く。

あやのは自分の大切な時間を
削って働き、カミさんや自分に
貴重な時間を作ってくれた!!

働く=他者貢献=幸せ

catfaceこれに意義があると思いません?」 
か?
   
お駄賃も
私的に上限は作りたくないのです。

減算方式より、加算方式にして
やった分だけ加算されていく、
そうしないとやる気は失せるし、
手は抜くし、上は目指さなくなります。

どうしたら、
もっと良くなるか?
どうやったら
もっと喜ばれるか?
とは、考えなくなっていくような気がします。

『質×量×スピード×喜び』
でお駄賃が変っていきます。

そして、
得たお駄賃はどうするか?

ある程度までは貯金もいいのですが、
投資を勧めます。

お駄賃&お小遣い&お年玉
などを合計すると
ケッコー良い金額に
なるので。

そして何より
ムダ遣いはさせない!!
というより
ムダ遣いをしないような
考えをもってもらいたいhappy02scissors

物を買うという行為というのは
どういうものなのか?

欲しいものを買わないで、
必要なものを買うこと。

コンビニ等で安易に物を買わない!!
いざという時はいいけど、
日常的に利用すると散財してしまうので

コンビニ=非常時に使うとか...。

まあ、小難しいはなしは
わかりやすいように
むかし話風に伝えてみよう
ということで、
家族で
『バビロンの大富豪』を
聞くことに
したのです。

これは
お金に関するいくつかのお話を
オムニバス形式でおさめられている
小説ですが、
ここはプロのナレーターさんに
お願いして、
音読してもらいましょう。

Febeだったら、
好きな時に、
好きな場所で
聞けます。

バビロンの大富豪


娘・あやのには
ミリオネアマインドを身に付けて欲しいのです。
(億万長者の心理・行動)

親心?


投稿者 たかの森接骨院 | 記事URL

2016年4月25日 月曜日

スタッフブログ|ブリザードフラワー始めてみました♪<番外編>


こんにちは~shine

いつも元気なニコニコ
たかの森接骨院スタッフの佐藤ですsmileheart


5月6日から始まります耳つぼジュエリー
の準備で大忙しの佐藤ですbearingflair

その分5月6日をとても楽しみにしていますnotes

さて、そんな最近大忙しの佐藤ですが、
つい先日前々から興味がありました

ブリザードフラワーtulip
習いにいきましたよlovely

というのも、今年の24歳の誕生日、

佐藤にとっても素敵なお花を
くださった患者様がいらっしゃいましてconfident

佐藤はそれがすごくうれしくてheart02

やはり手作りで作って頂いたお花をいただくって
嬉しいなと思うのと同時に、

お花関係で何か習い事をしてみたいな~shine

自分でいつか作れるようになりたいな~bearingshine

思うようになったんですflair


きっかけというやつですねhappy02flair

で、それから少したって母の日が近づいてきて
さて何をあげようと考えたときに

「そうだ!始めてみよう!heart01

と思い立ってネットで色々検索pc

そこで大宮の方のご自宅で教えてくれるという
優しそうな先生のブリザードフラワーの教室を即予約sign03

とってもとっても楽しみにていて
いざ先日習ってきたわけなのですが、

とっても楽しい~cryingheart01

お花をひとつひとつ色を選んで、
くっつけて、茎の長いものは切って、

集中。

ちょきちょきぺたぺた

天使の入れ物に入れて

リボンをきゅっとして
飾って。。。


できた~lovelyheart01heart01




我ながらかわいいいいいいいいいい~heart(笑)

一つ一つに集中して作業を行うので、
普段の生活を忘れて

ストレス解消になりました。(笑)

気持が落ち着くというか。。。shine

これからも月一くらいで
続けてならって
どんどんレベルアップできるように頑張りたいですnotes

いや~ブリザードフラワー楽しいですlovely
趣味になりそうですheart02

ちなみに母には隠しておけずにもう渡してしまいました。(笑)

母の好きな色でまとめていたので、

それにも気づいてくれて
写真にとって、ラインのトップ画にして満足げの母でした。(笑)



cloverたかの森接骨院へのお問い合わせ、ご予約はこちらから⇩

☎049-262-7030













投稿者 たかの森接骨院 | 記事URL

2016年4月25日 月曜日

院長ブログ | 水曜日午後、娘と立花氏(お駄賃を考える)

こんにちは、院長イトーですhappy01paper



このブログを読んでおられる
患者さまは
知っておられる方は多いと思いますが
ここ最近、
台所に立っている機会が増えています。

そして、
不思議と娘との会話も
多くなってきているような気がします。

しかも、
けっこうまじめ系な立ち話ですね。

綾乃「パパ? この前話していたお駄賃の
   はなしはいつから始まるの?」

お駄賃のはなしとはーーーーーーーーーーーーーー

先日、ヨメとあやのと洗い物をした時の
お駄賃についてこういう話をしました。

イトー「うーん、そうだね。
   この間のお駄賃の仕組みを
   始める前に綾乃にはお金に
   ついての勉強を
   してほしいんだよねhappy01

綾乃「ふーん」

イトー「お金の勉強をしないと、
   パパみたいになっちゃうからさ。
   パパはお金の勉強なんて、
   ぜんぜん教えてもらわなかったから
   お金の価値とか、金銭感覚?
   あればあるだけ使ってしまったり、
   さんざん、散財、ムダ遣いね。
   してしまっていたからさdespair

綾乃「ふーん、綾乃はムダ遣いしないよ~」

イトー「そうだね。綾乃はパパに似ないで、
   お小遣いも大切に使っているね」

綾乃「そーだよ。お金は大切だしwink

イトー「そうだよね。
   欲しい物をどんどん買ってたら
   お金moneybagがあっという間に
   無くなっちゃうよねweep?」

親バカかもしれませんが
我が子ながらしっかりしています。
お金を持っているからといって、
むやみやたらに欲しい物は
買ったりしません。

イトー「パパは歳(年齢)とか、
   学年がどうのこうので
   お駄賃の値段を決めたくないんだよねconfident

綾乃「ふーん、どういうこと?」

イトー「うーん、綾乃にもわかりやすく
   言うとね...
   そうだね~。8歳だからいくらとか
   3年生だからいくらっていう決まりは
   パパの考え方からしたら、
   少し変だと思っているのね」

綾乃「・・・・・・・(・・?」

イトー「だから、お駄賃の仕組み自体を
   考えたいのです~」
   
   パパの考えをわかりやすく
   言いうと、
   ①洗い物の量と
   ②キレイさ
   ③スピード
   もうひとつは
   ④その時どれだけ
    喜ばれたか!!

  変な制限は設けたくないんだけど
  色々加味してMAX100円とかね。

  例えば洗い物の量が
  ①かごいっぱいなら30円
  ②きちんと洗えている30円
  ③超スピーディー!!30円
  ④喜ばれ度(ボーナス?)時価

みたいな感じかなflair
カンタンに言うと、
加算方式ってヤツです。
どんどん足されていきます~up

綾乃「お~、すごいね~happy02
イトー「その方がやる気出ない?」
綾乃「出る~」

これを聞いたカミさん
「は~?、あげすぎでしょ?
 どう見てもpout

イトー「例えばの話ですからcoldsweats01

カミさん「普通、そんなにあげる?」
イトー「フツーってなんですかgawk?」

カミさん「〇〇ちゃん家なんか10円とかだよ」
イトー「はーdown、他人の家は、他人の家だよ」
  「イトー家の仕組みと何の関係があるんですか?」

カミさん「同級生の〇〇なんかおこずかい無しだよ!!
    お手伝いなんかやって当たり前なんじゃない?」

イトー「・・・・・・・」

カミさん「それに、これ一か月やったら3000円
    とかになっちゃうよね? 
    小3に月3000円のお小遣い?
    どう考えても多いでしょ?」

イトー「反論していいですかgawk?」
  「まず、細かい設定は決めていませんから!
  たとえとして100円としたまでです。
  
  もう一つ、毎日手伝わせる気ですか?
  綾乃は小3ですよ? 
  学生(児童)なんですから、
  勉強が本業でしょ?
  毎日手伝わせたとして
  今度は自分たちが
  その空いた時間の使い方が
  問われるんだよ?
 
  お駄賃あげたからといって、
  親がグータラしていたら、
  しゃーないんすよ?
  
  綾乃に皿洗いやってもらいました~shine
  時間が空きました。ヒマです~gawk
  ヒマなのでスマホでゲームしてました~wink
  テレビを見てました~smile
  じゃあ、しょうがないんですよ!
  
  わかりますか?

カミさん「わかるよpout、でも、100円は多いよ~」

イトー「よく聞いて下さい。あくまでも例です。
   例えなんですよ」
  「そこら辺の細かい話はしなくてはいけないし、
  その前にそもそもお金dollarって何ですか?
  という話をしたいのですよ。

  なので、
  『バビロンの大富豪』という本を
  聞かせたいのです。
  この本には
  お金にまつわるエピソードや
  仕事って何?
  働くってどういうこと?
  という話も入っているので
  ちょうどいいと思ってさ」

カミさん「うーん、じゃあその本を読むまでは
    現行の30円でいいかな?」

イトー「そうだね。『バビロンの大富豪』を読んで、
   綾乃がそのお駄賃でいいと言ったら
   それでいいですよcoldsweats01

カミさん「じゃあ、30円でOKね?」

イトー「とりあえずねcatfacepaper
綾乃「OKvirgopaper
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

この本を小3の子が読んで、
理解してflair
行動runに移したとき、
どうなるかな?

いろいろと課題は
山積みですが楽しみですねsmile

  




  
   

投稿者 たかの森接骨院 | 記事URL

カレンダー

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
クレジットバナー
アクセス


大きな地図で見る
■住所
〒356-0045
埼玉県ふじみ野市鶴ケ岡4丁目1-34
コーポクレイン1F

■最寄駅
上福岡駅

ホームページを見たとお伝えください 049-262-7030

お問い合わせ 詳しくはこちら
MOBILESITE 携帯電話・スマートフォンでも当院の情報が確認できます。bookmarkで手軽に確認♪