たかの森ブログ

2016年12月28日 水曜日

院長ブログ | N.L.1月号(ブログ版) テーマ:センテナリアン

みなさんこんにちは、院長のイトーですヽ(^o^)丿


いやー、一年が早いですね~。

先月、1月号を出したと思ったら、
あっという間に新年の1月号ですよ。

今月号のテーマは『センテナリアン』です。
『センテナリアン』という言葉を、
聞いたことがありますか?

日本では『百寿者』と言われているみたいです。

私もこの時、初めて耳にしました。

センテナリアンとは、100歳を超える人のことをいいます。
私が見たテレビの中のセンテナリアンの方たちは、
みな元気で、中には現役で仕事をされている方もいました。

和菓子屋さんの売り子をしている103歳の方や、
105歳になる、床屋さん。

どちらの方も
元気に、気さくにお客さんと会話を楽しんでいました。

お客さんに
インタビューをして
あの方は100歳を越えているんですよと
伝えると、

「え、信じられない。何の問題もないですよ」

私も、この番組を見ながら思ったのは、
「うーん、すばらしい普通に話をしながら手を動かしているし、
何より手が震えてない!!」

この方たち「センテナリアン」を世界の専門家が
調査をしたり、インタビューをしたりしていました。

この人たちは、
ふつうの人と何が違うのか?

調べていくと、
食べているものと、その人の気持ちということに
行きついていました。

食べ物は最初、
地中海地方で食べられている、
地中海食が体にいいらしいということを、
世界の各地で検証してみた結果、
いい結果が出る地域もあれば、
悪い結果がでる地域もあるので
一概に地中海食がすべての人にいい影響を
与えるとは言えないということになっていました。

なので、
日本人なら食べ慣れている、みそ、魚、野菜が
長寿食になるみたいです。

また、
好き嫌いなくバランスよく食べるというのも、
大きなポイントらしいです。

食はとても大きく長寿に関与していると思います。

自分もある本で読んだのですが、
『慢性炎症』という言葉を
聞いたことはありますか?

言葉の通り、
体が燃えているのです。

からだの一部が使いすぎて
炎症を起こしているのではなく、
体中が燃えているのです。

しかも、
痛みも何もないので
気がつかないのです。

恐ろしいですね~(≧◇≦)

この慢性炎症を起こさないためにも、
食べ物が大事になってくるのです。

加工食品やインスタント食品などは
お手軽に買えて、手っ取り早く
口にできるので、
ついつい食べてしまうのですが
かなりヤバいらしいです。

また、加工食品には必ずと言っていいほど、
砂糖や人工甘味料や
果糖液糖なるものが入っていますね。

甘いお菓子などを口にしていなくても、
加工食品などで、
炎症を起こす原因を
何気なく口にしているのです。

なので、私も食品を買う時は
原材料を見て
主原料の次に砂糖と書かれていたりするものは
口にしないようにしています。

もう一つ大切なのは、
『気持ち』なのです。

日々、穏やかにゆったり過ごす。
先に挙げたお二人は、
お店でお客さんと楽しくお話をしていました。

反対に、
日々、イライラして
すぐに怒ったり、大きな声で怒鳴ったりしていたら
どうでしょうか?

これがまた、
ストレスになって良い結果には
繋がらないともいます。

院長イトーも、
日々、患者さんとやスタッフと接している中で、
スタッフや患者さんが、
どうしたら、
もっと楽しく、幸せに、
暮らせるだろうか?と
考えているのです。

あ、そうそう
センテナリアンだった
金さん、銀さんも
この研究の対象者だったみたいですよ。

金さん、銀さんが得意だった
おしゃべりも、
センテナリアンの秘訣かも知れませんね。







投稿者 たかの森接骨院 | 記事URL

2016年12月22日 木曜日

☆患者様の声☆K・F様より

こんにちは(*^-^*)♡
たかの森接骨院スタッフの園恵です。

いよいよクリスマス目前ですね。
みな様いかがお過ごしでしょうか。

今回の患者様の声は、K・F様からです~☆彡

ご家族みな様でご利用いただいており、
先生の小学生からのご友人なのです(#^^#)




声:家族みんなでお世話になってます!

小学生からのお友達って、私にはおらず・・・、、、(淋)
羨ましい限りです(*^-^*)

初めはお仕事による肘・膝痛でお悩みでご来院
されました。その後、肘・膝痛は改善されて
現在はお体のメンテナンスに欠かさず
ご来院されております( `ー´)ノ☆

ご家族みな様とても穏やかで心温かく
いつも元気を頂いております(#^^#)♡

お声をありがとうございました(*^-^*)
またのご来院を心よりお待ちしております♡

みな様、週末良いクリスマスになりますよ~に(*^▽^*)!

投稿者 たかの森接骨院 | 記事URL

2016年12月14日 水曜日

院長ブログ | 腰部捻挫(ぎっくり腰)の施術

みなさんこんにちは、院長イトーですヽ(^o^)丿



今回は先日来院された患者さんについて書きたいと思います。

12月1日(木)
今日、職場で重い荷物を持った時に
腰を痛めてしまったので診て欲しいとの電話あり。

ちょうど1時間枠で空いていたので、
了承し、来院されました。

来院時に、歩くのもツラそうに入ってきて、
問診と動作のチェック。

立っている状態で、
どの方向に腰を動かしても、
痛みが伴うが、特に前かがみ(前屈)を
した時に痛くて少ししか曲げられない状態。

ベットにうつ伏せになってもらい、
腰部を触診してみる。

たしかに、ガチガチ状態。
押してみると、圧痛あり。

いきなり、腰部を押しても
痛みが強くなると思ったので
いつも通りに、
多数のアスリートも使用している、
高電圧治療器ES-530で、
腰部に通電。

その後、周りの手、足、首からほぐしていく。

もう一度、腰を触診してみると、
最初の触診時よりも
確実に緩んでいる。

痛みも和らいでいる。

手、足はしっかり緩めて、
ストレッチ。

腰は軽く、軽擦ていどで、
骨盤のストレッチをしてみる。

痛み無し!

施術後、
もう一度、前屈をしてもらう
施術前の前屈が嘘のように
前屈できるようになった。

でも、まだ痛み自体は
あるので、また明日の来院の予約を勧める。

この患者さんは、
トータル3日間で痛みがなくなりました。

考察
ぎっくり腰などの急性症状でも、
手、足、首を丁寧に緩めて、
真皮・筋膜・関節包を刺激していけば、
血行が良くなり
腰は動くようになって、
痛みは激減します。

この患者さんも、
施術中に
『何だか腰が温かくなってきました!』
と言っていました。

どんな時も、血行が大事。
 

投稿者 たかの森接骨院 | 記事URL

クレジットバナー
アクセス


大きな地図で見る
■住所
〒356-0045
埼玉県ふじみ野市鶴ケ岡4丁目1-34
コーポクレイン1F

■最寄駅
上福岡駅

ホームページを見たとお伝えください 049-262-7030

お問い合わせ 詳しくはこちら
MOBILESITE 携帯電話・スマートフォンでも当院の情報が確認できます。bookmarkで手軽に確認♪