HOME > スポーツ治療

スポーツ治療

スポーツ障害・外傷とは

スポーツ障害・外傷とはのイメージ

過度の練習や間違ったトレーニング法が原因で起こる、野球肘やゴルフ肘・テニス肘・疲労骨折・肉離れなどのことを、スポーツ障害と呼びます。
スポーツ障害でご来院される方は、何よりもまず体を休めることが必要です。安静を第一に心がけながら手技などの施術を行い、患部の炎症を取っていきます。ウォーターベッドをご使用いただくことで血行が良くなり、治癒を早めることも可能です。

よくあるスポーツの怪我について

このような症状があらわれたときは、速やかに当院にご来院ください。改善に向けてのスタートが早ければ早いほど、症状を悪化させず、治癒までの期間を短くすることができます。
  • 野球肘

野球をする10歳~15歳くらいまでの男子に多く、肘に痛みが走り、進行すると炎症から骨の隆起が生じることもあります。
  • テニス肘

テニスをする人が発症する症状で、ラケットを振る際、肘の関節の外側に痛みが走り、テニスをすることができない状態になります。
  • 疲労骨折

ずっと同じ所に小さな力が加わり続けることで、骨の組織がだんだんと疲労し、やがて骨折してしまうものです。通常の骨折とは違い、運動時に激しい痛みを感じ、休憩しているときは痛みが和らぐという特徴があります。
  • オスグッド

スポーツをする10歳~15歳くらいまでの成長期の男子に多くみられます。膝を曲げたり、正座をしたりするときに、膝の関節に痛みを感じます。見た目には炎症などが見られないという特徴があります。
  • 膝蓋靭帯炎症

靭帯の炎症のことで、ランニングをする人やジャンプ競技などをする人に多い症状です。始めは運動後に痛みを感じ、だんだんと運動中に痛みを感じるようになります。そのまま放置すると日常生活にも支障をきたすことがあるので、安静にしてできるだけ早めにご来院ください。
クレジットバナー
アクセス


大きな地図で見る
■住所
〒356-0045
埼玉県ふじみ野市鶴ケ岡4丁目1-34
コーポクレイン1F

■最寄駅
上福岡駅

ホームページを見たとお伝えください 049-262-7030

お問い合わせ 詳しくはこちら
MOBILESITE 携帯電話・スマートフォンでも当院の情報が確認できます。bookmarkで手軽に確認♪